2011年09月01日

トレードメッセンジャー、ついに事業終了

サザさんとスイングウェーバーさんの共同事業のように見えていた「トレードメッセンジャー」が9月末で事業終了するよというお知らせメールがきました。

安定して稼げる配信者がいないまま、海外のトレード分析各社のようにトレード分析システムに注力し続けた結果でしょうか。

投資環境の違い、特に法規制が、日本と海外では大きく違うのに、目先の派手そうなところに走って、収益検討がおろそかになったのが「選択と集中」の失敗でしょうか。

私がSuiken13という名前で配信していた当時は、たぶん私一人で月粗利が100万円前後あったと思うので、妄想ひろがりまくりんぐだったのでしょうけど、安定して勝てるトレーダーだからこそ、客も太い金を場に張るわけで実験トレードだったら、お付き合い程度にしか参加しないもんです。

賭場の原則みたいなのを理解してなかったのがビジネスモデル構築の敗因だったのかもしれません。

トレードなんてギャンブルと同じなんだから、勝ち目がなきゃ、みんな乗ってこないんだよ。
乗って勝ったら、さらにどんどん乗ってくるんだよ。


たったこれだけ理解してれば、優先順位を間違えることなく、儲けられたのに。

来年から店頭相対業者も税率一本化されるので配信業者にとってはビジネスチャンス到来なのに、もったいない話です。

今後は、海外の大手事業者が日本法人を作って進出し、海外支店で展開しているPAM口座を紹介する形で、トレメが目指した仕組みはやがて一般化していくことでしょう。

「勝てるトレーダーをいかに優遇するか」これに走らないのなら、「いかに客を食うか」の2択しかなかったのに、中途半端すぎたよなーと思うばかりです。

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 22:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする