2012年07月02日

amazonEC2 EBSボリュームのアタッチの際の注意点

課金を減らすためにデタッチしてたEBSボリュームを月曜早朝にアタッチしなおしてインスタンスを起動しようとしたら、エラーになりました。

エラーメッセージはこれ。
Instance does not have a volume attached at root (/dev/sda1)

原因と対処法は以下の通り。

EBSをアタッチさせるときに、[xvdg-xvdh]の範囲内から選べとのメッセージがでるが、これを無視して
/dev/sda1
を張り付けて、アタッチさせる。
エラーでることなく、すんなりと成功する。
その後、インスタンスをスタートさせれば起動できる。

最初はそのまんまやってて、EBSボリュームはこんな感じで、これだとインスタンス起動できなかった。
Status: in-use
Attachment:i-インスタンス番号:xvdf (attached

起動できるようになった際のEBSボリュームは、こんな感じ
Attachment:i-インスタンス番号 (インスタンス名):/dev/sda1 (attached


為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ: VPS amazonEC2
posted by ワンさん at 05:58 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/278425466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック