2017年03月01日

板の動きの、速い遅い

FXやCFDは株式市場と異なり、集約された取引所での取引ではない。
そのためイカサマされやすいという傾向があるので証券取引に慣れてる人たちからいやがられる傾向があるが、逆手に取ればこんないい制度もない。
証券市場でも、東京証券取引所と地方の取引所とで、同じ銘柄でありながら値が違う時は、片方を売り片方を買って鞘を取るというのはめずらしくなかった。地方の取引所での取引量は少ないが(手数料を除外すれば)絶対負けない鞘取りだ。

FXでこれをやるには、動きの速いブローカーと動きの遅いブローカーを組み合わせて、速いほうの動きに合わせて遅いほうでポジる、テクニカルも何もなくてただただ速度と組み合わせだけの取引手法だ。
この手法では、
どこのブローカーが速くて、どこが遅いか?
早い遅いのパターンはあるのか?
この2つの見極め方が勝利を左右する。

値動きを調べて組み合わせてフォワードテストして検証するのが一般的だが、結構時間がかかる。
時間をかけずに(仮説ベースで)選定していくのが、いまやってるtick数の変移だ。
値板が動くとtickも動く、実際に約定が発生しているかどうかはブローカーにしかわからないが(これがFXのいやらしいとこ)、tickの動きが少ないところは値動きが遅いといえるのではなかろうか。

ということで
速いところを探すためにいろんなデモ口座で
遅いところを探すためにいろんなリアル口座で
tickデータをためていくのは意味があると思うのだ。

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 15:41 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | データ分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック