2015年08月03日

自分用メモ、ボリンジャーバンドでの表示位置を右シフトさせる

答えがわかれば簡単なことなんだけど、ぐぐっても一発回答のブログが見つからない。
なので自分用メモとしてブログに残す。


iBands関数で右シフトさせるパラを与えても
IndexBufferで表示させている場合、表示位置を右シフトさせることができない。

どうするかというとSetIndexShiftを使って右シフト位置を設定する。

extern int BB_period = 25;
extern int BB_shift = 3;

int init()
{
SetIndexBuffer(0,Band1);
SetIndexStyle(0,DRAW_LINE);
SetIndexShift(0,BB_shift);

SetIndexBuffer(1,Band0);
SetIndexStyle(1,DRAW_LINE);
SetIndexShift(1,BB_shift);

SetIndexBuffer(2,Band2);
SetIndexStyle(2,DRAW_LINE);
SetIndexShift(2,BB_shift);

SetIndexDrawBegin(0,BB_period+BB_shift);
SetIndexDrawBegin(1,BB_period+BB_shift);
SetIndexDrawBegin(2,BB_period+BB_shift);
}



為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ:自分用メモ
posted by ワンさん at 17:42 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

amazonEC2のVPSサービス、その後

1ヶ月ほど使ってみての結論は
「無料範囲はあるものの、ストレージ使用料金を稼ぐビジネス」
であることがわかりました。

amazonEC2の構造は大きく3つに分かれています。
1.定義体(リソースを紐付ける定義情報)
2.インスタンス(CPUやメモリなどハード情報の割り当て)
3.ストレージ(OS本体やスナップショットバックアップ差分など)

ストレージはNASに分散されているようで、定義体の記述を変更するだけでインスタンスサイズを自由に変更して利用できるという便利さを狙っています。
初回利用者は初年1年はインスタンスやらなにやら無償利用範囲があり
インスタンスの最小単位を使う分には、無償範囲で収まります。
しかし、ストレージの無償範囲は最初の5日で突破してしまいます。

原因はI/O回数などではなく、自動的に取得される差分スナップショット。
これがどんどん容量を食いつぶしていきます。

差分スナップショットは、インスタンスを動かしていない状態でも増えていくのです。
スナップショットだけを消すことはできません。
全定義を消してまっさらにしない限り、課金は増えつづけます。

従量課金による無限課金を目指すのがamazonEC2の狙いのようです。

課金が増えるといっても1週間で20セントくらいなので1ヶ月で1ドル程度だとは思うのですが、1億人の利用IDがあったら、それだけで1億ドル稼げるわけです。

最近は、最初の1年で使える無償範囲に含まれるインスタンスが、マイクロ・インスタンス1個から、windows/Linuxそれぞれで1個づつOKとなりました。

インスタンス利用の無償範囲を広げても、それ以外は従来のままです。
すぐ突破してしまいます。

便利そうですけど、1ヶ月1ドルの課金を2ドルに引き上げたいという狙いなのでしょう。
なにしろ1億ドルの月収が無償利用インスタンス数を増やすだけで2億ドルになるんです。(金額はサンプル例ですよ)

ということで、無償でいろいろ使うなら、いまだとセントラル短資さんの5ヶ月無料コースがいいのかもしれません。

請求金額の確定は、月末締めですが、翌月になっても課金額は増えつづけて5日過ぎくらいに「確定金額のお知らせ」メールがきて、登録してあるクレジットカード等から自動引き落としされます。

私はVISAデビッドカードで登録してまして、口座には初回認証用のお金しか入れていませんでした。
利用金額の引き落としができなくなったら、どういうお知らせがくるのか見たかったのです。

しかし、引き落としエラーが発生してもメールがきません。
webログインすると画面には表示されますが、メールはこないのでログインできない人だとわからない状態がしばらく続きます。

10日をすぎてからようやく引き落としエラーメールがきました。
「引き落としできなかったから、できるようにしてくれないと、アカウントがとまっちゃうよ」という内容です。

6月の課金額は18セントほどだったので口座に30円ほど入れておいて、webから再引き落とし処理をするとうまく実行されました。

こんな感じで
「従量課金サービスには気をつけろ」

という感じです。

スナップショット領域に関するQA


為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ:VPS amazonEC2
posted by ワンさん at 13:16 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

amazonEC2の簡易見積もりツール

amazonEC2の説明のトップページに貼られているリンクに簡易見積もりツールがあった。

何をどう入力すればよいのか、よくわからないのだが、とりあえず入力してみたところ、インスタンスのCPU使用料金は無料範囲内で納まるが、EBSボリューム課金でジミーに稼いでいることがよく理解できた。

・Amazon EC2オンデマンドインスタンス:
 1つ、Windows、マイクロ、550時間/月
・Amazon EC2リザーブドインスタンス:なし

・Amazon EBSボリューム:
 1つ、ストレージ量3GB、平均IOPSは10、スナップショットは週次スナップショットの変更率5%

これで計算すると無料割引分を差し引いた残り請求額が3.19ドル(日本円で255円強)。

内訳は
・インスタンスの計算料金19.25USD(すべて無料範囲
・EBS (一部無料、0.73USD相当)
 EBSボリューム:0.36USD
 I/Oリクエスト:3.12USD
 EBSスナップショット:0.44USD
・Amazon EC2のBandwidth:(課金発生なし)
データ受信:1GB/月
データ送信:0.5GB/月

平均IOPSが実際どの程度増えるのかはこれからの運用次第ではあるが、EBSボリュームを作ると従量課金が発生していく。作らなかったらファーストサーバ状態。

自作PCやノートPC等の低消費電力機で発生する1ヶ月の電気代を計算してみる。
稼働時間は、24時間x週5日x4週+1日+予備メンテ日=月550時間としておく。

30Wx550時間=16500W
(16500w/1000w)x25円=412.5円

40Wx550時間=22000W
(22000w/1000w)x25円=550円

低消費電力仕様のパソコンで、だいたい月に400円から550円の電気代が発生する。

この2点を比較してバックアップを重視するのであればEBSボリュームありとし、MT4の復旧だけでよければ設定が終われば自分でバックアップを取っておけばよいのならEBSボリュームなしとしておけば、無料サービスの範囲内で事足りることとなる。

旅行や出張で緊急時の復旧環境が手元にない場合はEBSを設定し、いつでも緊急復旧を自分でできる場合はEBSは削除しておくという使い方もありかもしれない。

USAでおきた大規模停電の際は、amazonといえどもEBSボリュームの復旧には時間がかかっていた。
そこらへんを考えてどうするか、あらかじめ考えておくべきだ。
もしかすると、飛んだら飛んだで、別リージョンでインスタンスを立ち上げて、バックアップから新インスタンス用のMT4環境を作るほうが早いかもしれない。


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 04:22 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

amazonEC2 EBSボリュームのアタッチの際の注意点

課金を減らすためにデタッチしてたEBSボリュームを月曜早朝にアタッチしなおしてインスタンスを起動しようとしたら、エラーになりました。

エラーメッセージはこれ。
Instance does not have a volume attached at root (/dev/sda1)

原因と対処法は以下の通り。

EBSをアタッチさせるときに、[xvdg-xvdh]の範囲内から選べとのメッセージがでるが、これを無視して
/dev/sda1
を張り付けて、アタッチさせる。
エラーでることなく、すんなりと成功する。
その後、インスタンスをスタートさせれば起動できる。

最初はそのまんまやってて、EBSボリュームはこんな感じで、これだとインスタンス起動できなかった。
Status: in-use
Attachment:i-インスタンス番号:xvdf (attached

起動できるようになった際のEBSボリュームは、こんな感じ
Attachment:i-インスタンス番号 (インスタンス名):/dev/sda1 (attached


為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ:VPS amazonEC2
posted by ワンさん at 05:58 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

amazonEC2、週末の締め

先週土曜日から始めたのでちょうど1週間たちました。
アイルランドで1日試して、リモートデスクトップがあまりに重かったので
東京に切り替えて5営業日動かしました。
この間の課金は13セント(日本円11円弱)でした。

ちゅうぶらりんな固定IP分とアイルランドのインスタンスのOSボリュームファイルを生きたまま放置してた分を除くと、実質1セントでした。

木曜日にアイルランドのEBSに残っていたOSボリュームファイルを削除したので来週からは余計な課金はかからないはずです。

EBSにOSボリュームファイルを作らなければ余計な課金の心配は減りますが、それだと障害がおきたら一から作り直さないといけません。
ファーストサーバ状態はまずいです。

いよいよ来週から、マイクロインスタンス1個でMT4を2個動かして、いくらコストがかかるのがamazonEC2なのか?がわかりはじめます。

6月末の課金レポート.PNG

為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ:VPS amazonEC2
posted by ワンさん at 21:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

amazonEC2でMT4、継続報告その3

マイクロインスタンスでMT4を2つ動かしています。
1個の時と比べての変化は、コンソールマネージャーで見ると
欧州オープンからNY後場寄りしばらくまでの間は、CPU使用率がほぼ100%に張り付きます。

MT4でやってることはデモ口座で2つの業者が提供している全ペアに、インジを1個はりつけ、サインがでたらprint出力してるだけです。
サインがでるのは1ペアで1日に10回くらい。
データヒストリーは1分足と1時間足で取ってるだけです。

本番口座でリアルトレードEAを動かすようになったら、動かせるMT4は1個までにしないといけないかもしれません。


為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ:VPS amazonEC2
posted by ワンさん at 00:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

Amazon EC2のマイクロ・インスタンスでの利用続報その2

Amazon EC2のマイクロ・インスタンス1つで、MT4を2個動かすようになりました。

MT4を動かす分には、CPUパワーは十分足りているようですが、ファイルの解凍圧縮やアプリのインストーラを動かすと、信じられないくらい遅いです。
8年前のノートPCのペンティアムMの800Mより遅いです。

そこでCPU性能を調べてみました。

公式説明ぽいコピペ:
Amazon EC2では1仮想CPU当たりの処理能力を「2007年当時のAMD OpteronおよびIntel Xeon 1G〜1.2GHz程度」と規定し、「ECU(EC2 Compute Unit)」という指標を提示。。。

2011年11月の比較レポ、わかりやすい

2011年3月のレポ、わかりやすい

やっぱり、むちゃくちゃ遅いです。
5年前のCPUの1G程度ということですが、そんなに速くないだろwと突っ込みたいところです。

とはいうものの、マイクロインスタンスは最大で2個CPUが割り当てられることになっており、当初の1個が100%利用率で張り付くと2個目が動き始めます。

それにMT4はとても軽いので、とんでもなくおそーいCPU性能でも問題ありません。
MT4がいかに軽いかを検証する実験になってたりします。

amazonEC2の利点は、手軽に世界各地のロケーションのVPSがほとんど無料に近い価格?体系で1年使えるというところに、魅力を感じています。
今のところ、使い始めて5日経過し10セントの課金が発生しています。日本円で8円くらい。

無料範囲が使える期間ならお得ですけど、通常料金だとちょっとなー。
すこし割高になっても月額定額制のほうがいいのではなかろうかと思ってしまいます。

平日24時間、ローコストで動かしていたい。とっかかりは、とにかく安く!という人向けサービスかもしれません。

週末に続報を続けていきます。

課金レポート
amazon_201206272237.jpg



課金がインスタンスを起動していないアイルランドで発生している件を調べてみました。
アイルランドのインスタンスの、OSイメージをEBSボリュームに保管しており
そのステータスが[IN USE]になっていました。
これが課金が0.02USDとはいえ発生していたリクエストを生み出した理由だったのでしょうか。
その後、detachしたら、ステータスは[available]に変わりました。
さらに、deleteしたら、ステータスは[deleting]で数分経ってもそのままです。

EBSボリューム保管て、放置してても課金発生なんでしょうかね。
こういうところが従量制課金のややこしいところです。

アイルランド・リージョンでの削除処理はしておいたので、
今週末からの東京リージョンのメンテではインスタンスを止めている間は、detachしてステータスを[available]に変更しておきませう。

すべてのコストが細分化されて明確化された上で、選択した部分だけの課金が発生する分、安い!という利点はあるのですが
[すべてのコストとはなんぞや?!]というところを具体的に押さえておかないといけないのが従量制のめんどいところです。


為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ:amazonEC2 VPS
posted by ワンさん at 01:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

amazonEC2でMT4を使ってみる

MT4使いの人はVPSサーバーを借りて自動運用とか自宅サーバーで自動運用とか、当たり前に使っている人が多いのではないかと思っているのですが、意外とamazonEC2を使ってるブログがなかなかありません。

口座残高があれば無料で使える国内VPSや、海外利用だと速度最優先で他社にしてしまうせいでしょうか。

業者の口座残高が一定以上であれば使える国内VPSはすばらしいとは思うものの、管理会社からみれば、「この区画は金融トレーダーのサーバー」とか、管理台帳単位でわかっちゃうので、「うーん、その契約はちょっと・・・」と思ったりするわけです。
なんといいますか、頭隠して尻隠さず、バックアップデータを横ながしされた日にゃなんというか・・・みたいなことを心配してしまうわけなのです。

データ漏洩対策を考えると自宅鯖が一番なわけですが、今年の夏は節電にいそしまねばなりません。

そこでamazonのWEBサービスで使える無料VPSサービスみたいな、amazonEC2をお試ししてみることにしました。

amazonのWEBサービス用の、新規アカウントを作って最初の1年間は無料使用可能な範囲があって、amazonの料金体系で月額1500円相当くらいが無料です。
利用登録にあたってクレカ登録が必須なので、見落としやワナにはまると課金されるわけなのですが、数十円から数百円の範囲で納まりそうなので使ってみることにしました。

週に1回程度まとめてブログUPしていきます。

あ、さっそく課金のワナにはまりました。
固定IPアドレスです。
インスタンスにひもづいていれば無料なのですが、ちゅうぶらりんになってしまっていたみたいで1時間当たり1セントで8時間相当、8セント(日本円で6円)課金発生です。
リモートデスクトップ接続には固定IPは不要なので取らないようにしておきませう。
課金画面_20120625_0309.PNG

為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ:amazonEC2 VPS MT4
posted by ワンさん at 05:26 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

バイナリーオプション用MT4インジケータ

バイナリーオプション用のメタトレーダーインジケータです。

これを使ったからといって儲かるわけではなく、レートの動きを観察するためのツールです。
これだけを使って儲けることはできませんが、他のなにかと組み合わせれば便利なツールになるはず。。
例えば、ある特定時間帯で陽線が立ちそうだったら次の足も陽線になりやすいとか
締め切り時間の1分前までbetできる業者だとか、、まぁ、そこらへんは頭使いつつ調べてみてください。
自分としては、とりあえず途中経過の作品ですが、この状態でも使えるのでバックアップを兼ねてUPしておきます。


画面左上固定で表示されます。

画面上から
GMT補正後のMT4のサーバー時刻、
ウインドウを開いているペアと現在値
他のペアの名称と現在値
現在動いているBarの始値とGMT補正後の始まり時刻、(GMT補正前の始まり時刻)
ウインドウを開いているペアとBar始値
他のペアの名称とBar始値
スプ差
ウインドウを開いているペアのスプ差
他のペアの名称のスプ差

現在値は現在barの始値より高ければ緑色表示、安ければ赤色表示。
レートはBidで計算しています。

外部パラメタは
GMT差
表示フォントサイズ
現在値の値動きで緑色や赤色表示変更するかどうか
スプ差を表示するかどうか
スプ差表示のフォントサイズ
ウインドウを開いているペア以外のペアのシンボル名指定(デフォルトはユーロ円でforex.com.jpのシンボル書式でセットしています。)

BO_TOOL_20120117b..jpg画面イメージ



ダウンロードはこちらから。



為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 21:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

00さんの、新しいEAブログ紹介

00さんを応援するFX研究会のメンバーには、EAが配布されてまして、バックテストやサポート情報などがブログにまとめられています。

2011年の成績を抜粋すると

ポンドル(売りポジ用EA)
Total net profit: $2332.80
Profit factor: 5.81
Absolute drawdown: $28.40
Total trades: 106

ポンドル(買いポジ用EA)
Total net profit: $2166.00
Profit factor: 5.59
Absolute drawdown: $77.00
Total trades: 134

EURJPY(Shortのみ)
Total net profit: $1590.94
Profit factor: 2.55
Absolute drawdown: $277.88
Total trades: 86

EURJPY(Longのみ)
Total net profit: $2048.03
Profit factor: 8.77
Absolute drawdown: $420.11
Total trades: 85

その他、色々な通貨ペアでの成績が公開されています。

00さんのブログへのリンク

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 23:23 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

MT4のオンラインセミナーとソフトウエア著作権問題と山中さん

たまには堅い話題を。MT4用インジケータを作成公開してる皆様へ。
ひとごとじゃありませんという記事です。

Forex.com.jpのオンラインセミナーではメタトレーダー4のわかりやすい
解説セミナーが公開されています。
担当されているのはFX金融占星術などで有名な山中先生です。

つい先日のMT4のオンラインセミナーで
「これは・・事前了解とってるのかな?・・・」と思われる場面がありました。

セミナーURL

この動画セミナーでは00氏が開発したインジケータを使って、自分の手法にあわせて指標データファイルではなく、金融占星術の変化日時モノに変更して使っていると言われています。
すごく便利そうで、山中先生にとっては、無くてはならないツールになっているようです。

00氏に問い合わせてみたところ
00氏「しらんでぇ、事前連絡なんてきてへんでぇ」という返事でした。

00氏作のインジケータを紹介する際、ブログ名を紹介されているので事前連絡は十分可能なはず。
なのに連絡せずに、FX業者のオンラインセミナーで使うってちょっとこれって。。。 
しかもこれ「商用利用」ですよね。

ソフトウエア著作権は00氏が持っているものを、事前連絡せずに、無断で商用利用で使う、これって、いけないことじゃないんですかね?>山中さん

しかも、セミナー最後では自社URLへのアクセスを誘導し、00氏のインジケータもまとめて再配布しています。

これはなんぼなんでもあかんでしょ。
ソフトウエア著作権違反で逮捕される事例ではないのでしょうか。
刑事事件に発展する可能性があるのではないでしょうか?


00氏を応援するFX研究会の末席に身を置いてる私としては、問題提起したいと思います。

00氏も私もForex.com.jpのリアル口座のユーザーです。
クライアント企業の顧客が開発したインジケータをネットで拾って
ちゃっかり商売に使わせてもらってます、てへっ。ってのが、山中さんのスタンスなんでしょうか。
つい昨日まではまじめな良識派のセンセイだと思ってたのに、そうじゃなかったのですか、残念です。

00氏を応援するFX研究会の参加メンバーがForex.com.jpで売買している取引量は2011年だけでスプ2で計算しても1億円超のスプ収入に貢献してるんです。
来年は全員アイソつかして他社に移ろうかな。

オンラインセミナーの様子画像
00氏インジ無断商用利用証拠画像.png

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 15:07 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

ドル円の年度末のケース

自作EAのバックテストをしていて、たまたま見つけました。
今年、2011年1月から6月10日までのデータでの結果。
年度末である3月だけ負けているというパターンを発見。

USDJPY自作EAのBT結果_年度末.PNG

3月だけ見送りするとどうなったかの結果がこちら。
USDJPY自作EAのBT結果_年度末のみ見送り.PNG

さらに、3月分はエントリーサインがでたら、リバースで逆ポジを立ててみた。結果はリバース分の勝率88%。
USDJPY自作EAのBT結果_年度末はリバースエントリー.PNG

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 04:54 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

メタトレーダーのトレード結果分析ソフト

1アカウントだけならフリーライセンスというツール。
http://www.forexcontrolcenter.com/

自分の成績を集計するだけならフリー版でも十分便利、バックテスト結果やフォワードテストやリアルトレードの結果ファイルを読み込ませるだけでわかりやすいグラフを作ってくれる。

以下はforex.com.jpで実際にやっているドル円裁量トレードのリアルトレード結果。今年の2月から金曜日までの結果。
レポートを読み込ませるだけで数秒で生成してくれる。
めちゃ便利。

こういう成績をみてると、水曜はサボってるとか、4月はサボってるとか、一発でわかるので頑張ろうという気になる。

獲得pipsと損失pips、通貨別pips
IMG_20110521194505..jpg

時間別獲得pipsとポジ数
IMG_20110521194547..jpg

曜日別獲得pipsとポジ数
IMG_20110521194552..jpg

月別獲得pipsとポジ数
IMG_20110521194558..jpg

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 19:51 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

EAでのdebug用print文で

EA書いてるときに、debug用print文ではまったので、解決法をメモ。
(たぶん、またはまる可能性が高い)

for()文の中にif文を書いているんだけど、

if(条件式)
子関数呼び出し処理;
break;

と書いていたところに、1行追加して
if(条件式)
 変数セット;
子関数呼び出し処理(変数);
break;

と書いたのがまずかった。if文の後の処理が1行だけなら{}でくくる必要はないんだけど、複数行になったら括弧でくくらないと狙い通りの動きになってくれないみたい。
上から順番に処理していくんだから、括弧でくくらなくてもよさげなもんだと思ってたけど違うみたい。

正解はこんなのでした。。

if(条件式)
{
 変数セット;
子関数呼び出し処理;
break;
}

次回ははまらないようにしたいものだ。

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 21:31 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

SlowStochastic_Xのインジのバージョンアップ

スローストキャスのインジケータの改造版のバージョンアップです。
前回の時は、クロスポイントをチェックマークで表示するとしていましたが、今回のバージョンは、より実戦用です。

4時間足ボリバンセンターラインを考慮しての監視ゾーンにKが入ると、「ストキャス監視ゾーンに入りました」

dの80超えで、「ストキャス、売りゾーン」
dの20未満で、「ストキャス、買いゾーン」
などと、日本語でお知らせしてくれます。

画面を長時間見たくない人向けです。
耳で聞きながらトレードの腕を上げていくことができます。

SlowStochastic_X_indi.zip


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 01:18 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

ドル円の傾向が変わったのか?

1時間足を見てトレードするEAを作ってみました。
ここ2ヶ月ほどの動きで最適化したものに1年分のデータでテストしてみると、あら不思議。
昨年の11月から今年1月にかけて傾向が変わったことがみて取れます。

昨年までは好調だったんだけど、今年になって調子を崩している方は「何かが変わった」ことを調べるのがいいかもしれません。

特に、「小さく負けて、大きく勝つトレード」をしておられた方!
要注意です。 もうお気づきかもしれませんけど。

まぁそれにしてもきれいなチャートだわ。。。

ドル円のバックテストチャート
usdjpy_1year.JPG続きはこちら↓

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 00:48 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

メモ:メタトレの配列宣言の使い方

EAを作っていて、複数の時間足ごとに起動チェックさせようと思い、配列にあらかじめ時間をセットして、その時々の時間とマッチングさせるコードを書いていて、はまってしまい、解決法を見つけたのでメモ。

コードをそのまま貼り付けたいがエラーになるので要点だけメモ。

【お題】
グローバル変数で宣言して、init関数内で初期値を入れるコードを書きたい。

【コードと結果その1】
//グローバル変数で型宣言して、init関数内で初期化する。
int test[];
--
test[8]={11,12,13,14,15,16,17,18};

これだとうまくいきません。配列には0がセットされてしまいます。


【コードと結果その2】
// グローバル変数で型宣言と初期化を同時にする。
int test[8]={11,12,13,14,15,16,17,18};

これだとOK、うまくいきました。

【コードと結果その3】
// グローバル変数で型宣言と初期化を同時にする。
// その後、init関数で再度値をセットする
int test[8]={11,12,13,14,15,16,17,18};
--
test[8]={1,2,3,4,5,6,7,8};

これだとグローバル変数でセットした値が生きてて、init関数での設定は反映されません。


【コードと結果その4】
//グローバル変数で配列関数の定義をせずに、init関数内で定義を宣言し、初期化数字をセットしてきました。

--
int test[8]={1,2,3,4,5,6,7,8};

これはok、うまくいきました。

【仮説1】
配列変数は、初期宣言するときは、{ } でくくって初期化できるんだけど、それ以降は、配列関数を使わないといけないのかも。

とりあえず、テストを続けられるようになったので、続きはまた後日。

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 21:29 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

メタトレ:市場別時間帯チェックツール

バックテスト用の市場別時間帯チェックツール

メインチャートの下にサブウインドウがでてくるのでバックテスト時にどの市場でダマシが多く発生しているかを目で確認しやすい

http://www.abysse.co.jp/mt4/indicatorimgaes/Market%20Hours.gif


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 00:07 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

音声アラーム付ラインマンインジケータについて

上下のサポートラインを自動で引いてくれて、ラインを再描画するタイミングを日本語音声で教えてくれるラインマンインディケータのバージョンアップです。

3月29日(月曜)7:55公開
ラインマンインジ20100329.zip

前回バージョン
http://fx11326.seesaa.net/article/114124517.html

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 07:21 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

メタトレで便利なサイトを発見

複数時間軸チャートを使ったバックテストツールであるForex Tester のことを調べていたら、ついでにメタトレで便利なサイトを発見!

http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/

このブログオーナーが作ったレート読み上げインジはすでに使っているので紹介しておきます。

メタトレのツール関係記事
http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/searchdiary?word=*[Tools]

リンクがうまく飛ばない場合は、カテゴリー:Toolsを選択してみてください。たいへん便利なメタトレツールの宝庫です。



為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 11:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

VMware Player3

10月下旬にでた新バージョンではwindows7を意識していて、いままではworkstation版にしかなかった機能が盛り込まれています。

仮想OSの作成
仮想OS作成時にVmwareToolを自動ダウンロード
あらかじめ各OSのVmwareToolをダウンロードできる
仮想OS起動時にVmwareToolのバージョンチェックし随時ダウンロードに対応
対応CPU数のMAXが2から4までに拡張されている
使わない仮想OSはリストから削除できる

スナップショットがいらないのなら、個人ユースであればこれで十分で、workstation版は開発会社向けバージョンになったといえそうです。

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 17:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

メモ:VMwareインストールに失敗した時の対処

EA自動運用環境のためにVMwareを入れて、1台のパソコン上で複数のWindowsを動かしているのですが、昨日、VmwarePlayerのバージョンアップをしている最中、前バージョンを消した後、最新バージョンのインストールに失敗するという現象がでました。
OSのシステムファイルがなにか壊れているっぽい気配だったので調べたところ、対処法が見つかりました。

原因は、msihnd.dll ファイルがおかしい。

対処手順はこちら。
Microsoft Windows Installer を再インストールする方法

http://service1.symantec.com/SUPPORT/INTER/tsgeninfojapanesekb.nsf/jdocid/20031202145419953

為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ:VMware
posted by ワンさん at 14:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

面白いテクニカルを発見

長い月足をみようかと思い、ひさびさにGFTチャートを見てみた。

ここで面白いテクニカルを発見。「フィボナッチの弧」。
これは直近の高安値とそのまえにある反対の高安値を引くと、抵抗ポイントが表示される。
月足でみてるとドル円ではほぼぴったり!

過去分
ドル円0927FB.PNG

これから分、その1
ドル円0927FB2.PNG

これから分、その2(たぶんこっちが正しい引き方)
ドル円0927FB3.PNG


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 12:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

無線LANの接続断が解決

普段使っているパソコンの屋内ネット接続は無線LANを使っているのですが、これがしょっちゅう切れます。
メタトレはずっと動かしているのに切れるので、どうしたものかと思っていたのですが、解決策が見つかりました。

メールチェッカーを入れて、1分ごとにチェックするようにしたら切れなくなりました。
パソコンから外部アクセスしてなかったら勝手に休眠するなんて。
LANアダプタを節電設定にしてはいないのに勝手に節約していたのでしょうか。。。

ようやく解決策が見つかり、ほっとしています。

タスクトレイに入れて目立たない(アイコンが動かない)メールチェッカーでお勧めがあったら教えてください。

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 09:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

水平線を引くインディケータ

デイトレ裁量用で水平線を4本引くインディケータです。
以前紹介したヒロセの小林芳彦氏レポート用に作りましたが、公開していいものかどうか迷いもあったので、確認問い合わせをJFX社に出したところ、公開中止依頼の返事がきましたので、アップ分を取り消しにします。

このインジケータは単なる補助ツールであり、主たる数字はレポートを読んでから毎回手入力して使うものなのですが、なにが気にいらなかったんでしょう。
判断能力のない会社と言わざるをえませんね。


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 17:39 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

最強の分足は、1分足

いままでは5分足が最強で、1分足はヨコヨコまったりなスキャ用だと思っていたのですが、各分足の移動平均線を引きまくることで、5分足より最強かもしれないと思うようになりました。

メタトレーダーでは1000本を超える移動平均は引けないのですが、インディケータを探してみると、4時間足物があったので、それを改造して、各種分足の移動平均線を引いています。
これだとスキャしながらデイトレに切り替えていくことも、デイトレしながらスキャに切り替えていくこともできます。

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 22:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

NYクローズを垂直線で表示するインディケータ

NYクローズ時間に垂直線(縦線)を表示させるインディケータです。

垂直線を表示させるインディケータを改造したものです。
NYクローズ時間は、ODLまたはフォーチュンにあわせており、夏時間の21時に設定しています。

1日1本しか表示しません。時間の切れ目の目安に使います。

日付が変わると、描画位置が変わりますので、今のところ朝型トレーダー向けです。

13-Vertical Line.mq4


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 07:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

ポンドトレードのEA化

ポンドというと荒ぶる神通貨の位置づけであるが、平均値幅が大きいせいもあり、PF6〜9前後で安定するEAができた。

どうしてもっと早くに取り組まなかったんだろうと悔やまれる。


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 14:46 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

iCustom関数のわかりやすい説明と具体例

iCustom関数を使うと、インディケータを呼び出して値をとってきて、EA化できて、デバック検証もやりやすいそうなのだが、今まで使ってこなかった。
わかりやすいサイトを発見したので自分メモ。

わかりやすい説明
http://fxsystrader.blog122.fc2.com/blog-entry-15.html

標準でついてる移動平均インディケータを呼び出して使うEA例
http://fc888.blog40.fc2.com/blog-entry-381.html

入門書の先生の説明サイト
http://forex.toyolab.com/article/27543159.html

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 19:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

デスクトップ画面をストリーミング配信するツール

デスクトップ画面をストリーミング配信するツールとその設定について、以下のサイトでわかりやすく書かれている。
http://www.nanibeya.net/?page_id=764


チャート等のストリーミング配信とスカイプを組み合わせると非常に便利。


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 16:06 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

仮想デスクトップツール、その後

大変重宝しています。
設定画面でどこの仮想デスクトップに表示させるか、複数指定できるのがよいです。

参考例として今使っているパターンです。

画面1.トレード(取引画面とチャート)、ブラウザ、メタエディター
画面2.メタエディター、iTuneのネットラジオ
画面3.VMwareでのEAトレード、FXTSのレート表示画面のみ
画面4.アラームタイマー他、起動必須だが表示はどうでもいいツール類

VMwareでのEAトレードを動かしていると2コアCPUではやっぱイマイチな気がしています。
アスロン2の4コア低TDPなCPUが早く出ますように。。

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 21:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メモ、ローソク足読み上げインディケータ

たまたま見つけたローソク足読み上げインディケータ
試してないが、ソースをみたところ、ローソク足の全パターンある模様
http://codebase.mql4.com/5036

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 14:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドル円トレード用日本語音声サウンドファイル

ドル円トレード用日本語音声サウンドファイル集です。

ドル円向き音声アラームファイル.zip

ベクターなどから複数タイミングでのアラートを出せるフリーソフトに組み込んで使うと便利です。


多機能でインストール不要な優れもの。これはすばらしいです。
http://www.t-folk.jp/soft_gc.html


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 08:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

HDD移行完了

3.5インチHDDを2.5インチHDD2台に置き換えの移行作業がほぼ終わりました。
スワップ領域とシステムのtemp領域は以前どおりRAMDISKに置き
OSやブラウザや、その他パソコン前に座っているときに使うアプリ類は高速HDDに置き、CrystalDiskInfoの拡張設定で静音化設定にして利用頻度が低いときは回転数が自動的に下がる設定にしました。
トレード関係やVMwareなど常時アクセスがあるものは低回転HDDに置きました。
結果は上々で、ほったらかしにしている時はパソコンからHDD音はほとんど聞こえなくなりました。
CPUファンの音が若干聞こえるようになりましたが、HDDの以前のカリカリ音に比べれば全然気にならず、季節柄、窓を開けているとパソコンの電源ランプを見ない限り、動いてるのかどうかさえわからないほどです。

消費電力、発熱、静音、コストパフォーマンスの4つを追求するのであれば、2.5インチHDDの組み合わせはお勧めです。

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 17:32 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

alertやplaysound機能の使い方

下記サイトにやさしい解説とサンプルソースコードがあります。
・MACDでのラインクロス時のアラート
・ストキャスでの売りゾーン買いゾーン限定での、ラインクロス時のアラート
・フラクタルラインタッチでのアラート
http://articles.mql4.com/374


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 07:10 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

エントリーサイン用音声合成フリーソフト

【メモ】
エントリーサイン用のアラーム音を日本語読み上げ音声に置き替えるためのサウンドファイル作成のためのフリーソフト。

ソフト名の通り、棒読みではあるが、辞書登録することで変更できるそうだ。エントリーサイン用なので、短い文しか読み上げないので、たいした影響はなさそう。

音声合成ソフト、ファイル保存可能
棒読みちゃん
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se475579.html

「5分、買いサイン」のサウンドファイル
5m_buy.wav

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 08:23 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

メモ:順張りEAの感想

マルチタイムフレームのMACDを使った順張りの自作EAのBT成績を見てみると、先月5月は勝ったり負けたりだったが昨年12月中旬以降で2000pips超取れているのがある。
大荒れの昨年夏秋の相場では成績はよくないが、昨年7月から約1年の今週末まででの成績では1500pips取れている。

メタトレのデータの信頼度をいつの時点で考えるかなど年間BTの信頼性は低いが、昨年12月中旬以降は底打ちしてジリ高のゆるやかなチャートとなっているので、こういう時には強いEAなのかもしれない。

まだまだ機能をチューニングする余地が残っているが、EAが強い時弱い時を把握して運用できれば、自動トレードは役に立つのかもしれない。


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 14:04 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

VGAカードを追加しました

たまーにゲームをするとオンボードVGAでは重いので、とうとうVGAカードを購入してしまいました。
低消費電力と静音化がパソコン構成の至上課題なので、とにかく足さない追加しないを基本方針にしていましたが、たいして電気を食わないのとkakaku.comの最安値より安かったので衝動買いです。

SAPPHIRE HD 4350 256MB DDR2 PCIE HDMI (PCIExp 256MB)
価格は3300円弱でした。
もひとつ下のモデルのHD3450とほぼ同じ価格で、性能は50%増しくらい。
マザーボードの780Gの機能を使えば、3450でもほぼ同じ性能になるのですが、消費電力が4350のほうが5W程度少ないようだったので電気を食わないほうを選択しました。

VGAカードを追加したことにより、次の恩恵が得られました。
・ゲームが快適になった。ストレスなし。
・オンボードVGAが使っていた主記憶メモリー領域が開放され、512MBほど増えることになり、なぜかページングファイル領域をあまり食わなくなった。
・CPU負荷が減った+グラフィック性能アップで、CPUをダウンクロック状態で使っていても遅さを感じなくなった。結果、CPUをダウンクロックで常時使う設定に変更。

VGAカードのクロックダウンもアップもできるようなので、つけっぱなし対策の調整はこれからです。

今後は
4ヶ月以内にCPU交換、3-4コアの低電力版に。
8ヶ月以内にHDDをSSDに交換、容量と性能と価格バランスを見て。

HDDをSSD化してしまえば、ほぼ無音化できるのでこれが焦点です。

(現状の構成)
マザーボード:780GのマイクロATX
CPU:AMD4850e(1G,2G,2.5Gの3段階自動切換えから、1G,1.6G,2Gへ)
メモリー:2GBx2枚
HDD:300GBのSATA3
FPD、DVD、ケース、電源:以前からの使いまわし


(VGAカード消費電力比較参考サイト)
http://club.coneco.net/user/8077/review/14926/


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 01:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

RAMDISK設定

パソコンで色々動かしていて、ページファイル使用量が1.3GBを超えたくらいから急にもっさりと重くなるので、OS管理外で余っているメモリー領域を使ってRAMDISKを作ってみました。
RAMDISKというのは、メモリーを使ったHDDみたいなものです。

利用ソフトは、フリーソフトのGavotte Ramdisk です。
http://www10.atwiki.jp/gavotterd/

インストールも設定も簡単でした。
作成された領域は、767MB。
NTFSでフォーマットし、圧縮領域にしてあります。
性能測定結果はこれ。
RAMDISK.png

いままでページファイルを置いていたHDDの性能測定結果はこちら。
HDD.png

10数倍の差があります。
これでもっさりが解消されることを期待しています。
利用結果報告は次の通り

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 12:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

FXTS用ポジ計算シート

以前から要望のあった、FXTS用ポジ計算シートです。
デイトレスキャラー向けですが、短期スインガーにも使えると思います。スワップ計算は含みません。
ハイレバ300倍全力な人からレバ1倍の人まで対応できます。

レバレッジ管理という考え方を採用せず、LCを食らってから何回立ち直れるかとか、損きりpipsや余裕pipsという実戦的な考え方で余力計算するシートになっています。

作成したのはオープンオフィスカルクです。エクセルでは使えません。
オープンオフィスカルクを触り始めた初期に作成したシートを、自分以外の人にもわかるように若干調整しただけのものです。

中身は、記入例のシートとブランクシートの2枚でできています。
記入例を見ながらいじってみて、ブランクシートに自分のポジを入力してお試し下さい。

ダウンロードは、マウス右クリックででるメニューから、「名前をつけてリンク先を保存」を選択してください。
FXTSポジ計算シートv1.ods

為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ:FXTS
posted by ワンさん at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

PDA用RSSリーダーのご紹介

WindowsMobile5を使っているPDAやスマートフォン用のRSSリーダーです。

さきほどダウンロードして使ってみましたが、高速で快適です。
http://code.google.com/p/prssr/

これでブログ関係のチェックをブラウザではなくRSSリーダーでできるようになったのでますます快適になりました。

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 12:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

今日の東京時間午前中のチャートで気づいたこと

東京時間の仲値前後は、ドル円の実需の売買ボリュームが多い。
その結果、テクニカルチャートで判断している勢いが、時に想定外になる時がある。

つまりテクニカルが壊れる時というのは、実需による取引や値ごろ感による取引が多く発生した時というのも言えるのかもしれない。

裁量トレードをしていると、東京仲値タイムと、夕方の欧州オープンとでは値動きが違うので、トレード脳の切り替えが大変なわけだが、同じことが自動売買システムでもいえるのかもしれない。



為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 14:14 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

1台のパソコンで3台分の役割

VMwareWorkstationに代わる、設定ファイル無償エディタが見つかったので仮想OS環境の準備が進んだ。

操作性優先のため、ホストOSもゲストOSもXPプロで統一。
メモリーを1枚買い足して2GB2枚指しの4GBに増強し、ヒロセ通商からもらった新年福袋に入っていたUSBメモリーをパソコン背面に常時指しにしてブラウザキャッシュに当て、ゲストOSを2個起動して、1つはCPU1個利用のフォワードテスト専用機に、もうひとつはCPU2個利用のEAパラメタ調整のオプティマイズ専用バックテスト機に、ホストOSでは従来どおりEAやインディケータ作成やリアルな半裁量トレード機と、1台のパソコンで3台分の役割をそれぞれ独立稼動させる環境が出来上がった。
いままでは、リアルトレードしているデスクトップ上にいくつものメタトレが動いていてタスクが多すぎて邪魔で気が散ってイヤだったわけだが、これですっきり。

パソコンに向かっている時は、もっさり回避のため節電モードを解除して通常運用となってしまったが、ずっと起きてるわけでもないのでこれはこれで致し方なし。
TDPの低い省エネCPUなので、たぶんたいしたことはないはず。
1台分の消費電力で3台分動かしているんだから節約してると考えよう。

果たして本当にこれで平日5日間、ぶっつづけで自動売買運用できるんだろうか?
バックテストとフォワードテストを分離してしまえばなんとかなるはずと読んでいるのだが、はたして読みどおりになるのだろうか。。


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 13:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

VMwarePlayerを使ったフォワードテスト用仮想パソコン

リアルトレードをしているパソコン上でフォワードテストのメタトレードを走らせていると、画面が増えるし、なんだかんだで気になるので分離することにしました。

一般的にはもう1台パソコンを用意するところですが、そこまで分離すると今度は逆に不便なので(ハードやネットワーク障害が気になる)
1台のパソコンの中に、もひとつパソコンを作る仮想化というのをやってみました。

OSのライセンスを持っていれば、メモリーが2GBくらいあれば動作確認くらいできます。
もしOSのライセンスを持っていなくても、期限付きですがWindows7のベータ版の仮想パソコンイメージをダウンロードしてくれば今年の夏くらいまで使えます。
http://www.vmware.com/appliances/directory/63752

私の場合は、XPproのライセンスが余っていたのでそれを使っています。

VMwarePlayerというのは、VMware社が配布している無償ツールです。
タダなので当然制限があります。どんな制限かというとPlayerなので仮想OSの実行はできるけれども、イチから仮想OSを作る機能は含まれていません。(フリーソフトを使えばできる模様)
つまりXPのライセンスが余っていても、VMwarePlayerだけでは前に進めません。

ではどうするかというと、VMware Workstationの試用版というのがあって、それをダウンロードして作ります。これは有効期限付で期限切れになると再インストールしても動かないところが注意点です。

つまり、
1.VMware Workstationの試用版をダウンロードする。
http://www.vmware.com/jp/products/ws/
2.手持ちのOSのCDROMなどを元に、仮想化OSを作る。
3.試用版の有効期限がきれるまではVMware Workstationを使う。
仮想化OSでのCドライブに相当するHDD領域の過不足やメモリーサイズ調整やCPU割り当て個数(1個または2個)は、このバージョンでなければ調整できない。
4.試用期限が終わったら、VMware Workstationのバックアップを取った上で、VMwarePlayerをインストールする。 Workstationを消さないと前に進めないので、お任せしてインストールする。
http://www.vmware.com/jp/products/player/

メタトレードはフォルダごとコピペして、デモアカウントを取り直せば動きます。

元から使っているWindowsのことを、ホストOSといい、VMPlayerで動かすWindowsのことを、ゲストOSといいます。
ホストOSにあるメタトレードを、ゲストOSにコピペして使います。

コピペするためには、仮想化OSとはいえ、別パソコン扱いなので、フォルダの共有化を設定する必要があります。

フォルダ共有の設定はとても簡単でした。
初期設定ファイルをメモ帳で開いて数行書き足してやって、ゲストOSを起動して、そちら側の設定をクリックするだけでした。
参考サイト↓
http://usednote.seesaa.net/article/47492893.html

こんな感じで、パソコンの中に、もう一台の独立したWINDOWSパソコンを作って実行しています。
動作確認するだけならメモリ2GBで足りますが、本格的に動かすとなると足りなくなるのは目に見えているので、もう2GB追加します。追加費用は2500円くらいです。

モノが増えると管理の手間暇が増えるのが嫌なので、いかにモノを増やさないかを常に考えているのですが、このやり方だと、初期費用をかけず、日々の電気代も増やさずに済み、快適な操作ができる仮想パソコンが出来上がります。

参考サイト
VMwarePlayerで実行できる仮想OSのイメージパックのダウンロード先
Linux,Windows7ベータ,Windows2003server,Windows2008Server他色々あります。
http://www.vmware.com/appliances/

パソコンの中でパソコンが動いている画面イメージ
VMware紹介画面.JPG

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 09:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

メタトレード用コードパックについて

ファンクション・ライブラリとヘッダーファイルの使い方

これはなんぞやというのを一言でいうと、コードパックです。
つまり、プログラムコードの固まりで使い回しの便利さを考慮しているものです。

これまで自分自身で書いているEA群を管理するためにまとめていましたが、某掲示板で進められている水面下ひっそりプロジェクトでコードパックのニーズがでてきたので、一部をサンプル用に切り出し、一時公開していました。(私以外の人が書いたコードも含まれているので今は公開していません。)

メタトレード4でインディケータやEAを書いていると1つのmq4ファイルが肥大化していきます。
そのうち、最初に作成したコードを別のEAやインディケータで流用していくとコピペの嵐となり、そのうちどれが一番よかったのか、わからなくなっていきます。
あるいは、他の人が作成したコードの中の一部だけ使いまわししたいときも途中でわからなくなったりします。
あるいは、パラメタを変更しておいたのに、コンパイルしなおしたら初期設定に戻ってしまってパァってのを回避することもできます。

このような諸問題の発生を防止し、1つの機能の固まりを毎回間違いなく使いまわしするために提供されているのが、ファンクション・ライブラリです。
ファンクション・ライブラリに内包されているいくつかのファンクションのうち必要なものだけを使えるように指定しておくファイルをヘッダーファイルといいます。
EAからは、ヘッダーファイルを呼び出すことによって使います。
ヘッダーファイルを抜きにして直接ライブラリファイルを呼び出すこともできるようですが、その分EAに記述する行数が増えるのでお勧めではありません。

使い方のコツは、資金管理のロット数やオーダー条件変更などはライブラリーに入れてしまったほうが便利です。しかし、インディケーターなど、バックテスト時にオープンチャートの機能を使ってチャートを表示させる場合は、ライブラリに入れてしまうと、チャート表示してくれず、半裁量トレーダーにとって、チューニングしづらくなります。

【ファンクション・ライブラリ】
\experts\librariesの下に置く。必ずコンパイルして実行形式ファイルを作ること。
他から呼び出して利用されるのは実行形式ファイルであることに注意。

【ヘッダーファイル】
\experts\includeの下に、拡張子mqhのヘッダーファイルを置く。

【EAファイル】
\expertsの下に置く。従来通り。

【公開サンプルの説明】
ZIP圧縮してあります。
解凍すると次の3つのフォルダがあって、その下に上記の通りのサンプルファイルを置いています。
チャートにドラッグすると、画面に行表示されます。TICKデータを受信するたびに1行目の数字が増えていきます。

\experts
WanSanSampleV0.mq4
WanSanSampleV0.ex4
\experts\libraries
WanSanLibV0.mq4
WanSanLibV0.ex4
\experts\include
WanSanIncludeV0.mqh




為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 01:10 | 東京 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

ライン引き+ATRのインディケータ改訂版2月25日

前回分を改定しました。
・チャート画面にでてくる状況表示を1行下にずらした。他のインディケータやEAと併用する時、見やすくしました。
・ATRの時間軸を任意変更できるようにしました。ラインはその時のチャートで線を引きますが、ATRのtrade/DoNotTradeはチャート以外の時間軸に設定できます。初期設定は5分にしてあります。


LineFrakUpDown_Wan11.mq4


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 13:13 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

値幅を調べるEA

値幅を調べるEAです。
ストラテジーテスターを使って、日足の値幅を調べる時に使います。
結果はストラテジーテスターの操作履歴に表示されます。

ディフォルトの期間は1本ですが、テスト期間の始まり終わりをうまく調整すれば、5本で週足、21本か22本で月足の値幅を調べることができます。
パソコンの性能にもよりますが、数秒で終わります。

ATR1.mq4

参考データ:ドル円の約1ヶ月あたりの1日平均値幅
2009.01.30 USDJPY,Daily: Nehaba, 1.42
2008.12.31 USDJPY,Daily: Nehaba, 1.28
2008.11.30 USDJPY,Daily: Nehaba, 1.74
2008.10.31 USDJPY,Daily: Nehaba, 2.58
2008.09.30 USDJPY,Daily: Nehaba, 1.71
2008.08.31 USDJPY,Daily: Nehaba, 0.96
2008.07.31 USDJPY,Daily: Nehaba, 1.03
2008.06.30 USDJPY,Daily: Nehaba, 0.90
2008.05.30 USDJPY,Daily: Nehaba, 1.04
2008.04.29 USDJPY,Daily: Nehaba, 1.07
2008.03.31 USDJPY,Daily: Nehaba, 1.57
2008.02.29 USDJPY,Daily: Nehaba, 0.96
2008.01.31 USDJPY,Daily: Nehaba, 1.20


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 13:34 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

ラインマン+ATRのインディケータ改訂版その2

若干改訂しました。
私個人はこちらのほうが使い勝手がいいので。
Tradeに切り替わった時、ポップアップが出る機能はそのまま残しています。

1)DoNotTradeの時、線が消えるか、色を変えるか、2択で選択できる。
2)DoNotTradeの時、線が消えるのではなく、白線に切り替える。

LineFrakUpDown_Wan11.mq4

過去バージョン記事
http://fx11326.seesaa.net/article/114124517.html
http://fx11326.seesaa.net/article/113997644.html


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 11:52 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

MT4のフォワードテスト

朝から10通貨ペアほど動かしているだけで、メタトレード4のプログラムメモリー占有サイズが増えてて570MB超になっており、時間が経つにつれ、どんどん増えていきます。
動かしだして7時間くらいで500MBを超えているようでは何らかの対処が必要です。
(5分と1分足で動かしています)
1日1回再起動するか
通貨ペアを減らすか
時間軸を長めにするか

メモリーを増やして、1日1回再起動が現実的ではありますが、これではほったらかしで遊びにいけない。うーん(> <)

1:52追記
約14時間動かすと880MBくらいになった。


デモ環境を変えて、ほぼまっさらから再開。
121証券デモ、6通貨ペア、5分足のみ
2:58開始 5920K
8:03現在 8192K
各ペアに1分足追加し以降の経過を書く。


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 17:54 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W-ZERO3のオーバークロック

こちらの記事をみて、オーバークロックツールを入手して、オーバークロックしてみました。
http://www.geocities.jp/zero3oc/

元のクロックが416で、クロックアップ後が520です。約2割くらいのアップで、さらに快適になりました。
これでアドエスやWILLCOM03と同じクロック数になったわけです。

アドエスやWILLCOM03のCPUはPXA270プロセッサ520MHzですので、同じCPUを高クロック数で動かしていただけだったのでした。

これでますますPHSブラウザに戻れなくなったので、データ料金主導体系のつなぎ放題から、音声通話主導体系の定額プランに変更します。
毎月のPHS料金は安上がりになるし、モバイル環境は快適になるし、言うことなしです。(^o^)v

為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ:W-ZERO3
posted by ワンさん at 05:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | メタトレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする