2008年10月08日

そろそろヒロセFX2の出番かも

ドル円が98円台に入りました。
NZドル円、57.18円
トルコリラ円、68.7円

そろそろ、スワップのみ引き出し可能な、ヒロセFX2に資金を移して、低レバで買う準備を始めます。

以下、間違いがあればご指摘下さい。

ヒロセFX2(1万通貨単位

スワップ(2008年10月08日
NZD/JPY 130
TRY/JPY 200

必要証拠金
NZD/JPY  5000円
TRY/JPY 25000円

現在値
NZD/JPY 58円
TRY/JPY 69円

1万通貨でのレバレッジ
NZD/JPY1倍\580,000円
NZD/JPY2倍\290,000円
NZD/JPY3倍\193,333円
NZD/JPY4倍\145,000円

TRY/JPY1倍\690,000円
TRY/JPY2倍\345,000円
TRY/JPY3倍\230,000円
TRY/JPY4倍\172,500円

レバレッジ別、年利回り(利下げ考慮なし
NZD/JPY
1倍、08.18%
2倍、16.36%
3倍、24.54%
4倍、32.72%

TRY/JPY
1倍、10.58%
2倍、21.16%
3倍、31.74%
4倍、42.32%


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 19:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スワップ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

豪ドル円の週足

豪ドル円週足20080813.JPG

ここ数週間で急落している豪ドル円であるが、買いエントリーポイントを探ってみる。

週足をフィボナッチだけでみてみると、
94.38にあるので94.4付近まで下げそう。
その後、ここを抜けると、92.30-10付近まで落ちる。
ファンダメンタルが変わっているので3月安値を更新しないのであればここが下げ止まりになるやもしれない。
ここを抜けると全戻し。3月安値を更新に行くと思われる。


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 06:33 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スワップ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

ユロドルの仕込みポイント

スワップ生活用のユロドル仕込みポイント

月足FR(2005年の上げ始めを基点)
23.6p 1.4994 突破済み
38.2p 1.4353
50.0p 1.3835
61.8p 1.3317

月足ポイントでみると38.2から61.8の間が1000pips以上ある。
つまりこれに耐えられるレバでやらないといけない。
どこで反発するかはわからないし、月足VQは売りサインが出たばかりである。
8月に未達ポイントにかかるようなら最少枚数で仕込むのもありだが、底値を固めなければ上にはいけないので、しばらくほったらかしで手をつけないのがいいのかもしれない。


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 18:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スワップ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

マネーマネジメント雑感

スワップ生活を将来目指すとしても、サイクル理論などに基づけば、どんなに有利な値で仕込んでもいつかはその値より不利な値がつく。

つまり、スキャルやスイング同様、スワップ用のポジションであっても、
「ストップの置き方とマネーマネジメント」が最重要になってくる。

ブログを立ち上げて色々トレードするようになってから、スキャルでもスイングでもほぼ目標をクリアしてきた。
・スキャルで毎日、東京時間の高値安値の値幅を数回のトレードで取る。(ドル円)
・スキャルで毎日、口座残高を2%づつ増やしていく。(ポン円)
・スイングで、値幅3円抜く。

ブログ立ち上げ当初からの課題で、いまだ結論というか、自分自身で見えていないものは「トレードスタイル別の、ストップの置き方とマネーマネジメント」が残っている。

スキャルでは、固定値幅、あるいは壁を抜けたらストップ。ドデンなし。
デイトレスイングでは、堅い壁の手前か抜けたところでしかエントリーしないので、壁を境にしてストップをおきドデンする。(数日〜数週間狙いのスイングトレード・レンジナンピンを除く)
では、スワップ用や数週間狙いのスイングトレードではどうする?


次にマネーマネジメントだが、勝率が5割以上あるのであれば、1回目で負けても2回目で2倍の資金を投入すれば、ちゃらになる。
連続ドローダウンがどの程度の頻度でおきるのか検証すべきところであるが、スキャルでもスイングでも勝率が9割ある現状では、気にしなくてもいいのではなかろうか? 
勝率9割で2回連続して負けるというのは、トレードスタイルが崩れている可能性があるので、そういうときは休むのが一番だ。
大前提が崩れている可能性があるのだから。

もうひとつは、ナンピンしている場合の対処である。
ナンピンするのは数日〜数週間狙いのスイングトレードでのレンジナンピンのみ。
サイクル理論に基づく日柄に、安値または高値をつけに行くのであれば、レンジで仕込むという発想がスイングナンピンエントリーだ。
ナンピンで重要なのは、1ショット枚数とレバ管理。
初心者の場合、初回が多く、あとが少なくなりがちだが、同枚数であるほうがよい。
初回が必殺エントリーな訳がないのだ。
初回はお試しと考えて最少枚数というのもあるが緊張感に欠けるので同枚数のほうがいいような気がする。
ナンピンを重ねると欠点としてレバ管理が複雑になりやすい。これは業者のシステムにも寄る。
分足フィボナッチでポイントを決めるとナンピン幅が狭くなるので、時足以上で算出するか、あるいは最低幅を決めておく必要がある。
ドル円の場合で30pips程度が適当かも。レバ管理との兼ね合いがあるので一概には言えない。


為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 14:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スワップ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

ポンスイの日足

ポンドルよりはスワップのあるポンスイを見てみる。

ポンスイの日足は雲を上抜けし、底練りも終えて、上にいこうとしているように見える。
最高値2.4954と今年の最安値の23.6Pを何度も上抜けトライし、一目の雲も抜けた。たぶんこれから38.2pを目指しそう。

38.2pは2.1506
金曜引け値が2.0781なので、差益だけで725pipsある。
下値をどこまで見るかだが、1.9946まで見ておけば足りそうな気がするが、これだと雲を下抜けする。しかも835pipsだw

一目とフィボナッチだけじゃ下のレンジブレイクなのか、ヨコヨコ範囲なのか、判断できない。
なにかいいテクニカルはないのだろうか?


ポンスイ日足20080809.JPG

為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ:ポンド
posted by ワンさん at 19:01 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スワップ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポンドル来週以降の予想

週足ではボリバン-3を突き抜けてひけている。
足ができてしまったので、ボリバンは広がったままである。

1.9216で週足引けているが、今後は
1.910を割ると売り(ストップ売り指値1.9090)
リミット1.8625(474pips抜き)

PR61.8Pの1.8619
FE100Pの1.8572

線の引き方や業者レートの違いがあるので多少のブレはあるにせよ、この価格帯(1.86割れ)は、お試しLを入れるタイミングかもしれない。
この下の水準には月足の雲が横たわっている。

しかし、ポンドルのスワップでスワップ生活はできるのだろうか?

ポンドル週足20080809a.JPG

為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ:ポンド
posted by ワンさん at 18:25 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スワップ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

トルコリラ円の日足その2

TryJpnDay20080805.JPG

トルコリラ円の日足です。
上方向と下方向のFEを2つ引いてみました。
右端の矢印の上下がそれぞれの分かれ目です。

上方向のFE100を達成すると96円前後まであがるみたいですが、はたしてどうなるのやら。
まだまだ買い場はきそうにないですね。

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 12:58 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スワップ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

AUD/USDの月足を見る

AUDUSDmonth200808.JPG

AUDは国内景気悪化で下げが始まりました。
7月の月足を直近高値と判断して線を引きました。

FR
38.2%戻しが、0.7897
50.0%戻しが、0.7301
2008年3月安値がこの中間くらいにありますがこのレンジでは過去相当期間揉んでいますのでここらへんくらいまでは落ちてきそうな気がします。

AUD/USDはアラームメールを0.7897に仕込んでおいて、その時がきたら日足週足を見て考えるのがいいかもしれません。

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 14:33 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | スワップ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコリラ円の日足

tryjpy0801day.JPG

いつになるかわかりませんが、そのうちやってくるであろうスワップ運用生活に備えて、スキャルやスイングトレード以外の通貨ペアのチャートを見ることを始めました。
日足、週足、月足をみて、買われすぎや売られすぎポイントをフィボナッチで判定していきます。

日足でトルコリラ円をみてみると、2007年10月の高値と11月の安値と12月の戻り高値の3点でFEを引いてみました。
2008年3月にFE161.8付近で揉んで反転しています。
FE161.8が76.78円だったのでこの水準以下で指値Lしていた人はウハウハですな。
その後、2007年10月の高値と2008年3月安値のFRの61.8%を突破したところにいまいます。
このまま100%戻しを狙うかのような動きですが、2008年2月のFE61.8%部分でかなり揉んでおり、ここまで戻って抜けています。
そろそろ売るところなんじゃ?とも思います。
少なくとも、いまここで買うところではないように見えます。

次にもし8月1日が戻り天井だったらいくらまで下がるかを分析してみます。
tryjpy0801day2.JPG

安値高値の61.8%戻しが、81.53
3点を結んだFE61.8戻しが、77.49

ナンピンL開始ポイントは81.5付近からでしょうか。
このあと多少あがったとしても、ドル円が下げに転じればトルコリラ円も下げになりますので、このポイントはあまりかわらないかもしれません。
スワップ生活用口座を開いて、86.1付近にアラームメールを仕込み、81.5付近に初回ナンピンLを指しておこうかと思います。

為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 14:01 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スワップ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする