2012年06月02日

ドル円、ユロ円のスプが狭いFX業者

ドル円で1万通貨以下なら0.19ピピ、5万通貨以下なら1ピピ未満というFX業者がでてきました。
SBIグループのFX専業会社です。

クイック入金可能な金融機関は自社グループの住信SBIネット銀行のみ。
出金は一部出金であれば2000円以下は出金手数料とるよと、入出金に関しては小口優遇ではないものの、
証拠金4円あれば1通貨からできるという特徴もあります。

特徴は
・5万通貨までなら手数料安い。但し枚数が増えるとスプが広がっていく。
・1通貨単位からできるので、資金が少なくても無限ナンピンできる。
・対応ペアが少ない、ドルストは3通貨のみ。

自社取引内で相殺できる枚数内なら、小さなスプを追求できる。
店頭相対業者だからこそ提供できるスプといえます。
他社が利益としているところを、枚数限定でお客様還元という方針のようです。

練習用口座として考えるのなら、これはこれでありかもしれません。

できたばかりの会社のせいか、問い合わせの返事が遅いのが欠点ですかね。






為替ブログ FX 専業投資家へ
posted by ワンさん at 23:13 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

ドル円、今日の見通し

昨夜はNYダウオープン直後30分はいつもどおり激しい動きで上値トレンドラインぎりぎりまで上がったがそこまでで止まる。
その後、ダウと連動しないマチマチな動きがしばらく続いた後、ダウ急落に連動し、下値抵抗トレンドライン(時足、4h足)を早朝ブレイク。
NY時間安値95.68をつけ、東京早朝で更新中(メンテ中につけた安値95.55)。
時足は三角持ち合いとボリバンの平行ラインをブレイクし、4時間足でも下値トレンドラインをNY時間とTKY時間でブレイクした。
4時間足がブレイクライン割れを下ひげで終わるか、引け値で終わるのかがここからの注目ポイント。

90.90の一番底と94円の2番底を結ぶ下値トレンドラインを、NYとTKY時間で割ったので、ここからは94円の2番底更新狙いの動きか。
戻りはあっても買い持ちは要注意。
きょうは20日のゴトー日であるので、突っ込み売りは控えて、仲値上げに注意。

今日の暫定レンジ
昨日NY時間高値97.09 本日早朝TKY時間安値95.55のFR
96.50
96.32
96.14 (注)このあたりまでにブレイクした下値トレンドラインあり
95.91

今日のピボット(4本値は新マネックスFX
97.12 高値 H
95.71 安値 L
95.76 終値 C

98.09 HBOP
97.61 S2
96.68 S1
96.20 P_key
95.27 B1
94.79 B2
93.86 LBOP

下値ターゲット
61.8p 95.93 達成済
100p 95.01


為替ブログ FX 専業投資家へ
タグ:ドル円
posted by ワンさん at 07:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする